航空機観測による気候・地球システム科学研究の推進研究計画書

日本大気化学会のみなさま

気象学会が中心となり、また日本大気化学会のみなさまにもご協力いただくことにより、作成した「航空機観測による気候・地球システム科学研究の推進研究計画書」を、気象学会のホームページで公開しています。
https://www.metsoc.jp/2015/10/23/5189

このホームページでは、皆様からのご意見募集を行っています。締め切りが、2015年12月20日に延長されました。
どうか多くのコメントをいただけますよう、ご協力をお願い致します。
ひとことでも結構です。学生さんからのコメントも歓迎です。

この研究計画は、地球観測専用の航空機を導入(購入)し、基本的にユーザーは経済的な負担がない形で利用できる体制を作ることを目指しています。そして計画的な航空機観測の実施により、温室効果気体、反応性気体、エアロゾルなどの研究を推進する計画です。計画書には各分野において、どのような観測・研究をおこなっていったら良いかなどの提案がまとめられています。この計画書は、日本学術会議の大型研究計画に関するマスタープラン2017に応募するために作成されました。大気化学研究コミュニティー、特に若手研究者が長期的な視点から研究を発展できるようにしたいと考えております。

よろしくお願い致します。

小池 真
東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星科学専攻

2017年07月10日