日本地球惑星科学連合2022年大会「大気化学」セッション

今年の日本地球惑星科学連合大会(JpGU2022)においても「大気化学」セッションが従来通り開催されることとなりましたので、ご案内致します。

大気化学セッションは、ガスからエアロゾル、炭素循環から大気汚染、観測からモデル、と幅広い分野の研究者が集い、研究発表を行う場です。発表者におかれましては、異分野の研究者が内容を理解できるよう、イントロダクションや専門用語に気を配って頂くなど、議論が活発になるようなご発表をお願いいたします。

今年は、現地とオンラインのハイブリッド形式での開催を予定しています。大気化学セッションの開催日時は下記の通りです。今年の大気化学セッションでは、2名の方に招待講演をお願いし、それぞれの研究分野の導入から最新の研究成果についてお話しいただく予定です。皆様のご参加をお待ちしております。

名称:日本地球惑星科学連合2022年大会(JpGU2022)
会場:幕張メッセ+オンライン形式
大会ウェブサイト

大気化学セッション開催時刻

  1.    口頭発表1   5月27日(金) 9:00-10:30
  2.    口頭発表2   5月27日(金) 10:45-12:15
  3.    口頭発表3   5月27日(金) 13:45-15:15
  4.    口頭発表4   5月27日(金) 15:30-17:00
  5.    現地ポスター発表   5月27日(金) 17:15-18:30
  6.  オンラインポスター発表  5月29日(日) 11:00-13:00

大気化学セッション招待講演

  1. 5/27 9:00-9:30 鈴木 健太郎 博士 (東京大学大気海洋研究所)
    「Understanding aerosol-cloud-climate interaction with satellite observation and global modeling」
  2. 5/27 15:30-16:00 茶谷 聡 博士 (国立環境研究所)
    「Regional air quality simulation framework to evaluate effectiveness of emission controls」

大気化学セッションの発表言語

大気化学セッションの発表使用言語は「J」、すなわち、スライド・ポスター 表記および口頭発表の言語は、英語または日本語を発表者が選択可となって おりますが、「大気化学セッション」では、外国人研究者を含めた多様な 参加者が発表内容を理解できるよう、スライドおよびポスターの作成言語は 英語が望ましいとしております。 英語でスライド・ポスターを作成頂けますよう、よろしくお願いいたします。

スケジュール:
2022年1月12日 予稿投稿受付開始
2022年2月3日23:59 予稿投稿早期締切
2022年2月17日17:00 予稿投稿最終締切
2022年3月22日 採択通知
2022年3月24日 発表プログラム公開
2022年4月 参加登録開始
2022年5月22日~5月27日 日本地球惑星科学連合2022年大会(ハイブリッド期間)
(大気化学セッションは「5月27日」)
2022年5月29日~6月3日 オンラインポスターセッション
(大気化学セッションは「5月29日」)

日本大気化学会プログラム委員 内田里沙、坂本陽介、岩本洋子、石戸谷重之

2022年05月17日
     
Upcoming Events

       
 
日本大気化学会
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
日本大気化学会 事務局
e-mail: jpsac-post"at"bunken.co.jp("at"を@に変えてください)
本会を賛助会員として強力にサポートしていただいております会社・団体・個人の皆さまをご紹介いたします。
賛助会員一覧