若手研究者ショートコース

日本で大気化学研究に携わる若手研究者のキャリア形成を支援することを目的に、ショートコースを開催します。

開催主旨:大気化学は学問としてとして成熟し、さらなる国際化はもとより世界の大気化学研究をリードしていく役割が日本の研究者、日本で活動する研究者に求められています。また、次世代を担う研究者の育成も急務です。そこで、大学院生や若手のポスドク研究員の育成の一助とすべく、国際的な視野を与えるとともにプレゼンテーションや文章執筆のスキル、研究者としての人生の在り方などのレクチャーを行うキャリア教育の場を設けます。

参加者は、10/2~4にサンポートホール高松で開催される第23回大気化学討論会終了後、小豆島国民宿舎ふるさと村に移動して、10/4~6の合宿に参加します。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

主催:日本大気化学会、名古屋大学ISEE、IGAC小委員会、iCACGP-IGAC2018国際会議LOC
共催:国立環境研究所

■ 日程 : 2017年10月4日(水)~6日(金)
■ 会場 : 小豆島ふるさと村
       〒761-4301 香川県小豆郡小豆島町室生2084-1
       (TEL) 0879-75-2266
■ 参加費 : 学生および博士号取得後3年以内のポスドク研究員は無料。
■ 交通費・宿泊費・食費 : 参加者の所属機関でご負担いただきます。費用や内訳の詳細情報が必要な方はご連絡ください。領収書は当日発行いたします。
■ 対象 : 学生および、若手・中堅研究者、参加したい方どなたでも可能です。

■ 参加申し込み
以下の内容をメールにてお送りください。
※学位取得後3年以内のポスドク研究員の方は、その旨メールに記載してください。

申し込み受付期間:2017年8月11日〜8月31日
申し込み先:

メール件名:若手ショートコース申し込み
会員番号:
氏名:
性別:
所属機関、部局、研究室:
学年または職位:
email:

◆ショートコース プログラム◆

世話人:国立環境研究所 池田恒平、岡本祥子、坂田昴平

10/4 (水)
1340 サンポート高松集合(引率:国立環境研究所 池田恒平、坂田昴平)
1410 高松港発フェリー
1510 池田港到着
1530 小豆島ふるさと村到着、チェックイン
1700 コースの趣旨・アジェンダの説明(谷本浩志、竹川暢之、岡本祥子、池田恒平、坂田昴平)
1730 IGACの紹介およびiCACGPの紹介(谷本浩志、竹川暢之)
1800 iCACGP-IGAC2018国際会議の概要紹介:あと1年 (谷本浩志)
1830 iCACGP-IGAC Early Career Program紹介 (竹川暢之、坂田昴平)
1900 夕食、懇親会

10/5 (木)
0900 ポスター・口頭発表のプレゼンスキルアップセッション(1) (竹川暢之、参加者)
1030 コーヒーブレイク
1100 国際会議での口頭講演と研究者のキャリアについて (谷本浩志)
1130 質問、議論
1230 昼食
1330 研究者としてのフィロソフィー:50年間の研究者人生から (秋元 肇 先生)
1430 コーヒーブレイク
1500 「四国をEU大統領に売り込む!」資金・経験・スタッフなしからのスタート(尾崎美恵 様
1600 コーヒーブレイク
1630 ポスター・口頭発表のプレゼンスキルアップセッション(2) (竹川暢之、参加者)
1900 夕食、懇親会

10/6 (金)
0900 ソーシャル・フィールドアクティビティについて(岡本祥子)
1000 Early Career Program/Travel Grant Application: How to write CV & Statement(谷本浩志、参加者)
1200 小豆島ふるさと村チェックアウト、現地解散
1300 iCACGP-IGAC2018国際会議ショートコース会場視察 (optional)
1900 視察終了 (optional)

*** プログラム、発表者・参加者リストは追って公開します ***

2017年08月10日